血行が悪くなり、血液の循環が滞る事が原因でセルライトは可能でしょう。ですから、血行を良くし、新陳代謝を活性化するのが、セルライト除去マッサージです。セルライト除去マッサージ(スポーツや運動の前後には、筋肉の緊張や疲れを解す目的で行われます)は、家庭でも手軽にする事ができます。マッサージ(上手な施術者はゴットハンドなんて呼ねれたりもします)の方法には、いろいろな説がありますが、代表的な物を説明して行きたいになるものです。まず、イメージとしては、体にできるのでいる悪い不純物を血液に戻して行くというイメージになりますが、この時に注意してほしいのが、力を入れ過ぎない事です。力を入れ過ぎるとリンパ管を傷つけてしまう恐れがあるため、やさしく撫でる感じで行ってくださいね。お風呂に入った後は、血液の流れが活発になっていますから、出来ればお風呂に入った後にマッサージ(フランスで生まれたといわれていますが、バリやハワイのものも人気ですし、韓国やタイのものもあります)をしたら効果的なのです。もし、入浴中にマッサージ(血液の循環やリンパの流れが改善されます)をされる場合は、熱めのお湯ではなく、ぬるま湯くらいのお湯に入浴されてください。また、マッサージ(スポーツや運動の前後には、筋肉の緊張や疲れを解す目的で行われます)をする部分とは言え、セルライトの出来やすい部分を中心に行って下さい。セルライトの最も出来やすい部分と言うものは、大腿部やふくらはぎ、お尻とされているんです。マッサージ(筋肉のコリがほぐれたり、ぐっすり眠れたりしますね)の方法なんですが、足首から、ふくらはぎ(マッサージ、筋トレ、ストレッチなどを習慣にするといいですね)を軽く揉みほぐし、その後、大腿部を揉みほぐします。1回の時間は3〜5分でも構いませんから、毎日続ける事が重要なんです!マッサージ(厚生労働省の定義では、「体重をかけ、対象者が痛みを感じる強さで行う行為」なんだそうです)をした後に、オイル等をつけて、リンパマッサージ(老廃物の排出を行うリンパの流れを促進することで、体の疲労がとれるでしょう)を行うとを行うことで、より効果的でしょう。オイルを塗ると、手がすべりやすくマッサージ(服の上から行うこともありますが、一般的には肌に直接触れて撫でたりさすったりして、血行やリンパの流れを改善します)がしやすいだからと言って、オイルがなければ、乳液等でも構わないんです。リンパマッサージ(老廃物の排出を行うリンパの流れを促進することで、体の疲労がとれるでしょう)のやり方は、足首からふくらはぎ(むくみを解消するためにはストレッチも効果的でしょう)にかけて、手をすべらせる様に下から上へとやさしく撫でます。この作業を何回か繰り返した後に、今度は太ももから、お尻にかけて優しくマッサージ(フランスで生まれたといわれていますが、バリやハワイのものも人気ですし、韓国やタイのものもあります)をします。このときも、同様に手をすべらせる様に、下から上へとマッサージ(筋肉のコリがほぐれたり、ぐっすり眠れたりしますね)をなさってください。血行を良くする事で、セルライトが可能でにくい体になりますから、ぜひ試してくださいねー